2019年11月28日、近鉄16000系Y07編成が近鉄の事業用車両「モト97形」に牽かれ、橿原神宮前駅から五位堂検修車庫へ検査入場となりました。これにより旧塗装が南大阪線・吉野線から消滅することになる可能性があります。

五位堂検修車庫への入場の様子

(@TAKOYADE1625)さん撮影

28日早朝に橿原神宮前駅で台車を履き替え、28日夜に五位堂まで「モト97形」に牽かれて五位堂へと運ばれ、五位堂検修車庫へ検査入場しました。

(@TAKOYADE1625)さん撮影

旧塗装(原色)がこのまま消滅してしまうのか、心配なところですね。もし、旧塗装が消滅すれば残るは近鉄12200系のみとなり、「ひのとり」によって間接的に置き換えられる予定です。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2019/11/28/113343
28日早朝の様子です。
https://japan-railway.com/entry/2019/11/04/004006
https://japan-railway.com/entry/2019/11/19/105504
今月中に記録をしておいた方が良さそうです。悪いことは言わないので今週末はフリパを買って四日市に行きましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事