2020年3月8日に東海道新幹線での運用を離脱する700系ですが窓口での10時打ちを行わない駅が出てきています。

未知数の人気にJR東海が対策を

https://twitter.com/mykz_n/status/1225724438018002944?s=20

人気の列車の指定席券を抑える方法としてメジャーなのが「10時打ち」と呼ばれる切符の発売開始時間ちょうどを狙って発券してもらうのがありますが、今回はそうはいかないそうです。

JR東海の名古屋駅は、700系の切符目当てに窓口に大量に人が殺到し、大混乱することを懸念して3月8日分の700系に対しての10時打ちを行わないこと告知しました。並ぶことも許されず万全な体制がとられています。ほかの駅も同様の処置をとる可能性は十分あるので、ラストランを狙っている人は注意が必要です。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2020/01/15/141502
https://japan-railway.com/entry/2020/02/04/152503
https://japan-railway.com/entry/2020/02/06/191205
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
阪急
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
かつて阪急神戸線と阪急京都線の直通運転と新大阪乗り入れをするために建設される予定だった「阪急新大阪連絡線」の計画がありました。 それについて...