12月25日、横浜駅で撮り鉄同士が殴り合うトラブルに発展し警察沙汰になりました。一体何があったのでしょうか。

E235系を巡り撮り鉄が殴り合い

E235系1000番台 ホームでの撮影(イメージ)

横浜駅10番線で21日に横須賀・総武快速線に導入された新型車両E235系1000番台の撮影を巡り、撮り鉄同士の殴り合いが発生しました。トラブルの発端は停車中の車両を撮影している際に前に割り込まれたことによるものです。

事件が起き目撃者によって警察に通報され駅員も駆けつける事態になりました。

ツイッター上ではこの事件に対して「前に割り込んだ人も悪いしそれだけで殴りかかる奴も悪いどっちもどっちだね」「殴りあってる間に電車行っちゃう。」「これからたくさん撮れるのに…」と批判の声が上がっています。

事件が起きた日E235系1000番台の運用は01,02,04,05編成の4運用あり、1時間程度待てば次のE235系が来る状態でした。また今後10年以上は見られるにも関わらず手を出してしまいました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事