名阪特急が2両や3両編成で運転していたという事実 2両で名阪ノンストップ特急も運転

今や名阪特急(名阪甲特急)と言えば近鉄の看板列車の一つで2019年3月までは「アーバンライナー」2019年3月から順次「ひのとり」の愛称が付けられているくらい近鉄でも力を入れている系統です。

しかし、今や名阪特急と言えば看板列車ですが、かつては2両編成や3両編成で運行されていたそうです。資料が少ないので参考程度に。

名阪特急ノンストップ特急が2両編成で運行されていた時の写真

(http://www.agui.net/imglog/19/19img-424.html)から引用

その時の画像がこちらです。フォロワーさんとこの話になり、それを聞いてびっくりしたので記事にしました。

確かに標識灯の上に「難波」「ノンストップ」と記載されています。これは今の12200系の2両編成(N編成)です。このまま、近鉄名古屋~大阪難波までノンストップで運行されていたんですね・・・

特急の表示も幕ではないですね。2両で名阪ノンストップ特急とは・・・それだけ当時乗る人が少なかったのかもしれません。

この後アーバンライナーの登場によって名阪特急は風格のあるものとなりましたが、もしこのまま走っていたら・・・と考えると面白いですね。今の近鉄特急はないかもしれないですね。

3両編成の名阪ノンストップ特急も走っていた?

Wikipediaより

名阪特急には11400系エースカーという車両が使われていた時期もあり、実際に名阪ノンストップ特急に3両編成(1編成が3両単位のため)で走行していたとのことです。やはり3両だと現在は両数は偶数なので扱いにくく廃車になったのでしょうか?

今では名阪特急というと華やかなイメージがありますが、最低限の輸送力だった時期もあったんですね。

12200系は2020年春から導入される近鉄80000系「ひのとり」によって置き換えられる予定で、早ければ2021年春までに引退するのかもしれません。

どうせなら最後に12200系2両でノンストップ特急を・・・あったら面白いですね。

名阪特急関連の記事

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です