JR東日本は2020年12月16日の異常積雪の影響で東北地方・甲信越地方を中心に大雪による列車の運休が相次ぎました。長野県では積雪によって2020年度初の除雪車が出動する事態となっています。

異常積雪でJR東日本で運休したエリア

異常積雪の影響で運休したのは上越線・信越線など新潟県内の鉄道路線・東北地方の鉄道路線です。

特に信越線の直江津から柏崎間、上越線・信越線の越後湯沢から先の豪雪地帯では、列車の大幅な遅延と運休となりました。

上記路線以外にも飯山線や大糸線でも大雪の影響・除雪作業・倒木の影響で列車の遅延・運休が発生しました。

また、新幹線についても東北新幹線・山形新幹線を中心に遅延し、その影響で東京駅では本来先に発車する列車を上野駅で追い越して入線させるなどの措置が行われていました。

2020年12月17日にも異常積雪の影響は残る見込みで、JR東日本の積雪が予想される路線については列車の遅れや運休が発生するとしています。

長野県では2020年度初の除雪車が出動

長野県では大雪となり山越えの道路を中心に除雪車が出動が出動していました。おそらく2020年度初の除雪車でしょう。

中には大雪で、身動きが取れない車もあり、ノーマルタイヤで峠越えの道を走行したものと思われます。

東北地方、甲信越地方にお出かけの際にはご注意ください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事