青空フリーパスとは?

青空フリーパスの利用期間は、土曜・休日及び年末年始(12月30日~1月3日)で、

フリー区間内の快速・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由の通年フリーパスで、有効期間は1日です。

乗車日が翌日にまたがる場合は、乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効です。

価格は大人2,620円、こども1,310円で発売。                                      

利用エリアは、東海道本線(二川~米原間)、飯田線(船町~飯田間)、武豊線全区間、高山本線(長森~下呂間)、

中央本線(金山~木曽平沢間)、太多線全区間、関西本線(八田~亀山間)、紀勢本線(下庄~紀伊長島間)、名松線、参宮線の全区間、伊勢鉄道です。

青空フリーパスで乗車できる列車

青空フリーパスは、フリー区間内であれば、自由席・指定席・グリーン席ともに別途特急券を購入すれば、「特急しらさぎ(名古屋~米原間)、特急南紀(名古屋~紀伊長島)、特急しなの(名古屋~木曽福島間)、特急ひだ(名古屋~下呂・一部列車は米原まで可)特急伊那路(豊橋~飯田間)」の乗車が可能。急行列車も同様です(急行列車は現在定期列車がありません)。この他、ホームライナーは乗車整理券320円の追加で乗車できます。

なお、寝台特急列車や並行している東海道新幹線には乗車できないので注意が必要です。

青春フリーパスの買い方

切符購入は、乗車の1ヶ月前の10時からフリー区間内のJR東海のきっぷうりばのある駅、一部の乗車券発売所やサポートつき指定席券売機設置駅で購入可能です。ただ例外として「休日乗り放題きっぷ」の発売駅では「青空フリーパス」のフリー区間の入口駅(例:二川駅)までの乗車券類を同時購入か提示した場合に限り、発売してもらうことも可能です。その他、上記の各駅周辺の主な旅行会社の支店・営業所で購入も可能です。

間違えやすい方が多いのですが、このフリー切符は、JR東海管内での商品の為、JR東日本等別のJRの窓口では購入できませんのでご注意ください。

お得な青春フリーパスの使い方

青空フリーパスのお得な使い方を紹介します。

用途としては1日で長距離乗る方がお得になりますので、3つ例を挙げます。

豊橋駅~(名古屋駅経由)~紀伊長島駅間:通常料金片道3,930円(往復7,860円)ですが、

この切符で移動すれば7,860円-2,620円=5,240円もお得に移動することが可能です。

紀勢本線は本数が少ないことや距離が長い為、特急南紀や快速みえ号(名古屋~松阪間 追加料金不要)等を適宜使用し移動されると便利です。

特急南紀は追加料金(自由席)2,180円で名古屋~紀伊長島まで乗車できます。

豊橋駅~(名古屋駅経由)~奈良井駅間:通常料金片道3,740円(往復7,480円)ですが、

この切符で移動すれば、7,480円-2,620円=4,860円もお得に移動することが可能です。

但し、少し遠方になるので普通列車で行く場合は時間をよく確認していきましょう。

豊橋駅~(岐阜駅経由)~下呂駅間:通常料金片道3,410円(往復6,820円)ですが、

この切符で移動すれば、6,820円-2,620円=4,200円もお得に移動することが可能です。

高山本線は下呂駅までであれば比較的普通列車の本数もあるので(1時間~1時間30分に1本程度)、

特急を利用しなくても普通列車でのんびりと旅が出来るでしょう。

【その他】

上記以外の近郊区間(名古屋近辺)乗車ですと逆に損することもありますので、

あらかじめ通常料金と比較した上で旅行地を確定し、お得な旅を堪能ください。

青空フリーパスで行く観光スポットおすすめコース

①奈良井駅:中山道の宿場町の散策旅

古くは京都と江戸を結んだ中山道の宿場町散策がおすすめです。歴史ある建物や町並みは一昔前にタイムスリップしたような感覚を得られます。冬には積雪もあるため、山間部らしい観光ができる他、近くには乗鞍岳もあるので登山も一緒に楽しむことが出来ます。アクセスは、名古屋からJR中央西線を利用して奈良井駅下車です。

②紀伊長島駅:熊野古道の歴史を堪能する旅

熊野古道は、熊野三山に参詣するための道として,多くの人々が歩きました。ところどころ当時の石畳が健在で歴史を感じられる道です。紀伊長島は三重県の北牟婁郡紀北町に位置し、同じく熊野古道の一部にあります。駅近の名所では二郷神社がおすすめです。神社内には「夫婦円満・長寿の御神木」として語り継がれる「夫婦の木」があります。夫婦ともに長生きを願い、数多くの参拝客が訪れています。この他、食事のテーマパークとして楽しめる、道の駅 紀伊長島マンボウがあります。日本全国では珍しいマンボウが食べられることから日々賑わいを見せています。是非一度訪れてみては?アクセスは名古屋からJR紀勢線を利用して紀伊長島駅下車です。

③下呂駅:日本三大名泉の1つ、下呂温泉を巡る旅

下呂温泉は岐阜県下呂市に位置し、古くから「日本三大名泉」として名高く、毎年多くの観光客で賑わう名所です。泉質はアルカリ性で「美人の湯」として広まり、最近では女性ユーザーからの人気が絶大となっています。また、下呂温泉は飛騨地方に位置していますので、ひだの澄んだ空気と大自然で思い切りリフレッシュできます。アクセスは岐阜駅からJR高山線を利用して下呂駅下車です。

まとめ

青空フリーパスのお得な使い方、フリーパスで行けるおすすめの観光スポットを紹介してきました。

ここまでの内容をまとめます。

①豊橋から名古屋を経由し、紀伊長島駅・奈良井駅・下呂駅で使うとお得!

②名古屋近郊エリアでの使用は損するので注意

③別途必要な乗車整理券、急行券や特急券を購入すればライナー、急行、特急列車に乗車可能!

週末の日帰り旅行に青空フリーパスを活用し、みなさんお得な旅へ出かけてみましょう

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事