JR四国は2020年10月10日から新たなトロッコ列車「藍よしのがわトロッコ」を運転すると発表しました。車両はキハ185形・キクハ32形の改造車で2両編成で定員は56人です。

「藍よしのがわトロッコ」は徳島駅~阿波池田間で運転

 

今回新たに運転される「藍よしのがわトロッコ」は徳島線の徳島~阿波池田間で運転されます。ただし、このうちトロッコに乗車することができるのは石井駅~阿波池田駅のみとなります。

デザインコンセプトとしてJR四国は次のようにコメントをしています。

Ai(藍)の字体を阿波踊りの躍動感に見立てたシンボルマークをあしらい、木綿地のテクスチャーをラッピング柄とした、柔らかな風合いをもった車両外観です。深い藍「かちいろ」へと染まっていくグラデーションと、3色の流曲線とで、恵みを運ぶ吉野川の流れ、豊かで穏やかな阿波の風土を表現しました。藍の絞り染めをモチーフにした水玉模様で、伝統文化の「ジャパンブルー」に、日本美である無垢なデザインの愛らしさを重ね幅広い年代の方に親しまれるデザインとしました。ヘッドマークの「藍」の文字は徳島県阿南市在住の書家 天羽 汕景(あもう さんけい)様に藍の墨を使って、列車イメージを基にこの列車のために作成いただきました。

「藍よしのがわトロッコ」の運転日と時刻表・料金

藍よしのがわトロッコの2020年度の運転日は10月・11月・3月に指定日の土休日に運転がされます。列車は徳島→阿波池田間運転の列車は「さとめぐみの風」阿波池田→徳島間運転の列車は「かちどきの風」で運転されます。

列車の時刻表は「さとめぐみの風」は徳島10時34分発→阿波池田13時00分着、「かちどきの風」は阿波池田14時39分発→徳島17時06分着となっています。

運賃・座席指定券を含む料金は徳島~阿波池田間で大人2190円、子供1090円です。

「藍よしのがわトロッコ」は「千年ものがたり」と接続も

今回阿波池田駅から大歩危間を南風へ乗り継ぎをすることにより千年ものがたりにも乗車が可能です。列車を乗り継ぎ・周遊するプランも考えられそうです。徳島~高松まで1日周遊するのもありかもしれませんね。

今年の10月から四国に行く方はルートに入れてみてもいいのではないでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事