1月20日、京急電鉄は車内設備を一新した新造車両を4両編成2本導入することを発表しました。

新型だけど形式は1000形のまま

京急は座席指定列車や貸切イベント列車などへの対応やコロナ禍でおいても安心・快適に電車を利用できるように車内設備を一新した新造車両を導入します。

イベントを想定しL/Cシートに

今回導入される車両は1000形の20次車にあたる1891編成と1892編成(車両番号は1891-1~1891-4,1892-1~1892-4)です。座席指定列車や貸切イベント列車に対応できるようロングシートからクロスシートに切替可能な自動回転式座席を採用し、平常時はロングシート、座席指定時はクロスシートになります。

座席幅もウィング号等で使用している2100形より10㎜拡幅した460mmで京急車両の中で一番広い座席となります。

4両編成にトイレをバリヤフリー対応洋式と男性用の2つを設置

京急車両としては初のバリアフリー対応の洋式トイレや全座席コンセント設置設置車両で、各車両には防犯カメラが設置されます。トイレは2号車にバリアフリー対応の洋式、3号車に男性用が設置されます。

新型コロナウイルスに対応するため、座席シートには抗ウイルス効果が確認された抗菌・抗ウイルスものが使用されます。また冬季の暖房と外気導入空調による換気を両立し、車内換気を維持しつつ、安心・快適な車内環境が提供されます。

新造車両は、4両編成を2本、計8両導入し2021年春から順次営業運転を開始する予定です。

画像は全て京急電鉄より

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事