1月22日、JR東日本は快速「ムーンライトながら」の運転を終了すると発表しました。

ムーンライトながらついに引退

ムーンライトながら 東京駅で撮影

東京から大垣を夜間に結ぶ臨時の快速「ムーンライトながら」ですが正式に運転を終了すると発表されました。春夏冬シーズンに臨時列車として運転されており、青春18切符が乗車券として利用できると鉄道ファンを中心に人気の高い列車でした。

新型コロナウイルス感染症により2020年夏以降運転されていませんでした。青春18切符の案内からもムーンライトながらに関する記述が削除されたことから引退が心配されていましたが、ついに正式に終了となりました。

東京~大垣の夜行普通列車自体は国鉄時代から大垣夜行としてありました。1996年に全車指定化され快速「ムーンライトながら」になり、2009年からはシーズン限定の臨時列車になりました。

運転終了の理由についてJR東日本はお客さまの行動様式の変化により列車の使命が薄れてきたことに加え、使用している車両の老朽化としています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事