6月15日、高崎線内で高齢女性が線路内に立ち入り一時運転を見合わせました。自力で線路内から出ようとせず、運転士に保護されました。

高齢女性の不可解な行動

高崎線熊谷~籠原で高齢女性が線路内に立ち入りました。付近の列車が緊急停車し安全確認を試みましたが、女性は呼びかけに応じず線路から出ようとしませんでした。

そのため運転士が保護し、運転室で説教をした上で熊谷警察に引き渡すという珍事になりました。乗客によると女性が首を振り出る気配がなかったため運転士がブチ切れていたとのことです。

現場では「立ち入った人がまだ線路内に居るため、上下線の運転を見合わせます。」「現在運転士が保護を行なっております。」と珍しい放送がされました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事