10月7日に発生した大きな地震により、日暮里・舎人ライナーが脱線をし運転を見合わせています。

クレーンで車両を撤去

https://twitter.com/onlyzeiss/status/1446530868181299202?t=21cpH_5EV8S7CdY7KcHIeg&s=19

7日の地震で車両が脱線した東京都営新交通システム「日暮里・舎人ライナー」は9日になっても終日運転を見合わせています。クレーンによる先頭車の撤去は完了したものの、他の車両が取り残されていて、設備も損壊しています。

調査によると、脱線は分岐器付近で発生しており、先頭車両の前方のタイヤ2本が右側に脱線していました。日暮里・舎人ライナーは、左右の壁にある案内軌条に、案内輪を押し当てて進む方式ですが、分岐では片側しか案内板がないので、地震と急ブレーキによりバランスを崩した可能性があります。

東京都交通局は、10日以降の再開を目指しているとしています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事