近鉄は新列車となる「あをによし」号を運転開始すると発表しました。運転区間は大阪~奈良~京都間で運転が行われます。

使用車両は12200系を改造し、4両1編成を導入します。12200系は2021年中に特急列車としての定期運用を終了する車両ですが、まさかの改造で生き残った形となります。また、大規模な改修が行われており、12200系特有のボロさを感じさせない内装となっています。

近鉄特急の新しい列車「あをによし号」とは?由来は?

あをによし号外観イメージ

今回近鉄から新しい特急列車「あをによし号」の運転開始が発表されました。

「あをによし」という少し変わった列車名の由来ですが、これは世界遺産や国宝が数多く存在する古都・奈良にかかる枕詞で、都の美しさをイメージして名付けたということです。

「あをによし」は、日本の歴史や文化、食を誇る大阪、奈良、京都の三都を乗り換えなしの直通で結びます。午前中に大阪難波から近鉄奈良経由で京都まで、京都~近鉄奈良間の2往復を経て、京都から近鉄奈良経由で大阪難波までの運行を予定しています。車内は、ゆったりおくつろぎいただけるよう2列の座席配置とし、乗った瞬間から歴史、文化を感じられる古都奈良の正倉院の宝物をモチーフとした天平文様などのデザインを多用して、リラックスできる環境を整えます。また、旅の楽しみが増す販売カウンターを設置するなど上質な旅のワンシーンを飾る観光特急を目指しています。

近鉄より(https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/awoniyosi.pdf)

あをによし号運転区間・ダイヤ・時刻表

運行開始日は2022年4月29日(金・祝)から運行開始となります。

駅名時刻
大阪難波①9時30分発
近鉄奈良経由
京都10時50分着 ②11時20分発
近鉄奈良11時55分頃着 ③12時10分発
京都12時45分着 ④13時20分発
近鉄奈良13時55分着 ⑤近鉄奈良14時10分発
京都14時45分着 ⑥15時20分発
近鉄奈良経由
大阪難波16時40分着

※丸印は何本目かを示す。

①は1本目を表す。

1本目と6本目は京都~近鉄奈良~大阪難波まで運転。それ以外は京都~近鉄奈良、近鉄奈良~大阪難波のいずれか。

※ただし、時刻の詳細は後日発表。あくまで予定ダイヤ。

停車駅

大阪難波・大阪上本町・鶴橋・生駒・学園前・近鉄奈良・大和西大寺・近鉄丹波橋・京都です。

運転日

週6日運行。週1回運休。(ただし、春休み・夏休み・GW等は運転する日があります。)

座席数・特急料金・「あをによし特別料金」

座席数は84席で、全席座席指定となります。特急料金は近鉄奈良~京都・大阪難波で520円・京都~近鉄奈良経由~大阪難波間で920円となります。

今回発表はありませんでしたが、過去の事例を見ると利用には特急料金のほかに、「あをによし号料金」が付加される見通しです。現行の特別車両「青の交響曲(シンフォニー)」と同額料金と仮定すると、大阪難波・京都~近鉄奈良~大阪難波間で210円の特別料金が付加されるものと思われます。

今後の発表で「あをによし特別料金」の発表も注目されます。

投資額

今回の「あをによし」号の開発などの投資金額は約3.3億円を投じています。

「あをによし」号車内の様子

ツインシート(1・3・4号車)

あをによし号ツインシート(1・3・4号車)

こちらは対面式と車窓を望めるツインシートです。設置は1号車・3号車・4号車です。定員は1号車は24名、3号車は20名、4号車は28名です。

サロンシート(2号車)

あをによし号サロンシート(2号車)

4人対面式で利用ができるサロンシートが2号車に設置される予定です。サロンシートと言っても従来の伊勢志摩ライナーのようなボックスシートではなく、ホテルの客室にいるような優雅さが演出されている座席となっています。

定員は12名です。3組限定となるため、運行開始当初は座席が予約が難しい可能性もあります。

車内販売カウンター(2号車)

あをによし号車内販売カウンター(2号車)

こちらは2号車の車内販売カウンターの様子です。奥には酒類と思われる瓶も確認されていることから、車内で酒類の提供やお菓子、アイスクリーム等の販売が行われることが予想されます。

12200系車両はスナックカーの愛称の由来となった「スナックコーナー」ともいえる車内販売カウンターが設置され、事実上スナックコーナーが復活することとなりました。

あをによし号座席表 大規模改修で汽車型トイレは廃止・多目的トイレも設置

あをによし号座席表

こちらはあをによし号の座席表です。大規模な改修が行われていることが分かり、不評だった和式トイレ(汽車型トイレ)は廃止。3号車には多目的トイレが設置される等、古さを感じさせない改造が行われています。

まとめ

今回新しく導入の近鉄特急「あをによし号」についてまとめると、

  • 運行開始は2022年4月29日から運転
  • 引退のスナックカーを3.3億円かけて改造
  • あをによし号の仮ダイヤが発表
  • 古さを感じさせない大規模な改修も
  • 乗車には・乗車券特急料金のほか、あをによし特別料金が設定予定
  • 車内にはサロンシート・ツインシート・車内販売カウンターが設置
  • 多目的トイレも設置
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事