3000系で運転される京阪電鉄の快速特急洛楽に13000系13026Fが代走に入りました。珍しい光景ということで、駅には多くの鉄道ファンが訪れたのですが、不祥事を起こしてしまいました。

13000系が初の洛楽運用に

1月2日と3日に3000系で運用される快速特急洛楽に13000系13026Fが代走に入りました。快速特急洛楽は京阪電鉄の淀屋橋から出町柳で運行されており、京橋から七条間ノンストップなのが特徴です。

本来3000系で運転されるところ、13000系としては唯一8連の13026Fが2日連続で代走に入ったということで注目されました。同系列としては初の洛楽運用です。

正月休みではありますが、新型コロナウイルス感染拡大で、なかなか出かけたり家族と会うことのできない人が多いのではないでしょうか。そんな中、一部の鉄道ファンは密を作り乗車位置を塞ぎ三脚を使って撮影をし、挙句の果てには乱入をする人まで現れて同業者同士での喧嘩が起きました。

神社や箱根駅伝など密は他にもありますが、「鉄道ファン」と言うだけで冷たい視線を浴びてしまいます。さらに身内で揉め事を起こしてしまってはさらにイメージが下がってしまいますね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事