12月15日、JR四国は鉄道ファンによる迷惑な撮影を一斉に規制しました。

JR四国全域での排除へ

JR四国はホームページ上で「撮影マナーに関わるご協力のお願いについて」を公開しました。三脚などの使用は、駅ごとでの判断に委ねられていたことがほとんどでしたが、これを期に、一斉禁止となりました。

注意はポスター状になっており、三脚以外にも、他の乗客の映り込みや撮影地の場所取り、権利主張も禁止としました。以下は注意書きの原文です。

走行中の列車に向けてのスピードライト発光や、列車に接近するなどの行為は列車の安全運行を支障しますので絶対におやめください。

列車をご利用されるほかのお客様が写りこんでしまうと、トラブルのもとになりますので、ご配慮ください。

アングルや構図を優先するあまり、私有地や危険な場所、線路内へ立入るなどの行為はおやめください。

ゴミがでることを想定して、 ゴミ袋を用意するなど、公共の場所や私有地へのゴミのポイすてはおやめください。

ホームでの三脚や脚立のご使用は、倒れたり足を取られたりするなどケガや事故につながる恐れがありますので、おやめください。

撮影ポイントの場所取りや、過度な権利主張をするなどトラブルのもとになりますので、おやめください。

駅ごとのルールにすると鉄道ファンは駅員を恐喝してしまうので、一斉に定めたのはいいことですね。線路内侵入など言わなくてもわかるあたり前のことも書かれています。

0 0
Article Rating
申し込む
注目する
guest
1 Comment
最も古い
最新 高評価
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
turkey
turkey
5 月 前に

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事