JR東日本、JR西日本、JR北海道は指定席料金を改定すると発表しました。従来の閑散期・通常期・繁忙期料金に加えて、新しく「最繁忙期」が設定される形になっています。

このため最繁忙期では大幅値上げとなり、値上げ幅は200円となる930円の座席指定料金が設定されることになります。

最繫忙期指定席料金が適用される期間?始まるのはいつ?

最繫忙期座席指定料金は2022年4月1日乗車分から開始されます。カレンダー通りの休みしか取れない人には痛手となる改正となります。

最繫忙期座席指定料金が適用される列車は次の通りです。JR東海・JR西日本・JR九州では値上げはありません。

JR北海道・・・北海道新幹線(特急列車はなし)

JR東日本・・・東北・山形・秋田・上越・北陸各新幹線、一部の特急列車(つがる・いなほ・しらゆき・草津・成田エクスプレス・わかしお・しおさい・さざなみなど)です。ただし、あずさ・ひたち等の新しい着席サービスを提供している列車については変更しません。そのほか、一部の快速列車指定席(リゾートしらかみ・はまゆり号等)

JR西日本・・・北陸新幹線。(特急サンダーバード等は値上げなし)

最繫忙期適用日(2022年度)

【930円に値上げに】JR東・西・北指定席料金を改定「最繁忙期」が設定

2022年4月27日~5月6日。

2022年8月10~19日

2022年12月28日~31日。

2023年1月1日~6日。

閑散期

また、値上げするのは46日、閑散期を値下げとなる51日となります。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事