JR東海ツアーズで発売されている、東海道新幹線こだま号限定でお得に利用できる「ぷらっとこだま」2020年6月30日の申し込み分から予約期間の変更と、ドリンク引き換え券の受け取り方法が変更と発表されました。

【6月30日から】「ぷらっとこだま」の予約方法・ドリンク券引換方法

「ぷらっとこだま」とはJR東海ツアーズが発売する旅行商品です。その名の通り、東海道新幹線の列車のうち最も所要時間のかかる「こだま号」のみ乗車でき、JR線での遅延(15分以上に限る)以外の理由で乗り遅れると後続の列車にも乗車できないという条件付きで、比較的リスクが高い旅行商品です。

乗り遅れた場合には購入した旅行代金は無効となり、別途定価の乗車券・特急券を買い直す必要があり、最悪の場合、所定の倍額程度を払わなくてはならない場合があります。

ただ、値段の安さでいえば最も安く東京~新大阪間の自由席が13870円に対し、10700円(通常期)で乗車できます。特にお金のない学生や格安旅行をしたいという人に人気の旅行商品です。

東京発着の場合、名古屋まであれば1000円、京都・新大阪までであれば1500円足せばグリーン車にも乗れるということで、お手軽にグリーン車を楽しめる手段としても人気です。また、旅行商品の中に「ドリンク引き換え券」がついており、東海道新幹線の売店でソフトドリンクやアルコール類に交換することができます。

さて、2020年6月30日からは「ぷらっとこだま」の予約方法と「ドリンク引き換え券」の受け取り方法が変更となります。

「ぷらっとこだま」の予約方法ですが、従来は出発5日前の23:30までとなっていましたが、6月30日予約分からは前日17時まで購入することができます。これにより、前日までに予定が決まっていれば「ぷらっとこだま」の利用が可能となります。

「こだま乗車票」と「ドリンク引き換え券」についても受け取り方法が変更となり、従来は自宅まで郵送で「こだま乗車票」「ドリンク引き換え券」が送られてきましたが、今回郵送が廃止となります。

その代わりに、JR東海道新幹線の指定席券売機・JR東海ツアーズの店舗で「こだま乗車票」「ドリンク引き換え券」が受け取りが可能となります。

「ドリンク引き換え券」については従来は1人につき1枚とされていましたが、今回から1申し込みで1枚発行となり、複数人であっても同じ券面の引き換え券となります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事