1月14日、西武新101系263Fの行先表示器が「西武球場前」を表示しました。

西武新101系に狭山線の幕が追加

小手指車両基地に留置されている西武新101系263Fですが、行先表示器が狭山線のコマが追加されたものに交換され「西武球場前」を表示しました。また同形式の一部の編成では設定器にテプラで「101系狭山線」の表示が追加されています。

同形式の「西武球場前」表示は非常に珍しく、まだ公式な情報はありませんが、早くもツイッター上では狭山線に転属するのではと言われています。2同形式は西武線内での甲種輸送時の牽引機として使用されており、甲種の度に新宿線から回送していました。仮に転属をすれば甲種には便利になります。

表示されただけなのでなんとも言えませんが、今後の動向に注目ですね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事