12月10日、西武9000系9103Fが横瀬車両基地で10両編成から4両編成になり、武蔵丘車両基地に牽引回送されました。

9103Fが京急カラーまま4両で武蔵丘へ

先日池袋線での運用から離脱し横瀬車両基地に回送した西武9000系9103Fですが、同所で10両編成から4両編成に短編成化され、武蔵丘車両基地に263Fの牽引で回送しました。

9103Fは紅白の京急カラーが特徴で「RED LUCKY TRAIN」の愛称で親しまれてきました。西武線では9000系の廃車が進んでおり、9103Fが池袋線から引退したことにより、10両編成で運用されている9000系は9104Fのみになりました。

4両に短編成化されて武蔵丘車両基地に回送した9103Fですが、多摩湖線への転属に向けてワンマン化改造がされると思われます。先に転属した二代目L-trainが塗装を変更せず運用されていることから、9103Fも京急カラーのまま多摩湖線に入るのではないでしょうか。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事