鉄道ファンがハイビームは「運転士の顔を撮らせないため」か「撮り鉄に対する嫌がらせ」のどちらかだとデマを拡散して物議を醸しています。一体どういうことなのでしょうか。

ハイビームに対して撮り鉄全員でブチギレるよう呼びかけ

電車の前部標識をハイビームにする理由が「自分の顔を撮られたくないから。」「撮り鉄に対する悪質な嫌がらせ。」のどちらかだという投稿が物議を醸しています。

撮影をしていたら偶然ハイビームに切り替わったことに対して自分たちが撮影していたからと自意識が高い人が多く居て、一部の人からは鉄道会社が悪者のように扱われています。

過去の記事でも紹介しましたが、ハイビームとロービームの切り替えは鉄道ファンに対する嫌がらせではありません。運転士の独断でそのような理由があるかもしれませんが、ごく一部です。

そもそも正式には「ハイビーム」は「全光」、「ロービーム」は「減光」にあたります。便宜上車のヘッドライトのように呼ばれていますが正式なものではありません。

基本的にハイビームが定位で、例外的にホーム侵入時や列車同士がすれ違う際に相手の運転士が眩しくないよう任意でロービームにすることはあります。ハイビームは視界確保のために重要なものなのですが、それをくだらない鉄道ファン云々に結びつけられてしまっています。

ツイートにある悪質な嫌がらせというのは日頃から一部の鉄道ファンが鉄道会社に行っていることではないでしょうか。むしろ中には親切にロービームにしてくれたり、ここまでマナーが酷くても撮影禁止にしなかったりとかなり優しい方だと思います。

日頃の行い的に仮にわざと嫌がらせでやっているにしても文句は言えないですが、撮り鉄全員でブチギレる資格はどこから湧いてくるのでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事