京成トラベルサービスは、2020年12月26日に宗吾車両基地見学ツアーを発売すると発表しました。

運転される区間は京成上野・京成船橋からAE形スカイライナーに乗車するルートで、そのまま宗吾車両基地に入線した後、洗車機体験などができるということです。また、宗吾車両基地到着後、保存車両の見学と撮影が可能ということです。

スカイライナー宗吾車両基地行き 見学ツアーの時刻表・詳細・旅行料金

開催日は2020年12月26日で、時刻表は京成上野駅を9時7分に発車し、京成船橋は9時35分に発車します。宗吾車両基地には10時3分の到着です。そのあと宗吾車両基地内で洗車体験を行った後、11時30分ごろに宗吾車両基地で解散となります。

旅行代金は京成上野発大人2000円、子供1500円、京成船橋発は大人1500円、子供1000円です。

募集人数は176名で、AE形の座席定員は398名となっていることから、ツアーに関わる方々の座席を考慮しても、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、若干人数が少なく設定されているように感じられます。

また、募集人数を超えた場合には抽選となり、車両の座席位置についても抽選でランダムに決定されるということです。

抽選結果は12月16日の夕方以降予約代表者あてにメールにより抽選結果を送るということです。(複数の申し込みは無効とするという記載があります。)

宗吾車両基地でのイベント 初のヘッドマーク4編成撮影会も

宗吾車両基地でのイベントの内容についてお知らせします。

宗吾車両基地では保存している旧型のスカイライナーAE形(AE100形、旧AE形)の車内への見学が可能となっています。

また、スカイライナーで使用されているAE形に乗って、車両基地内にある洗車機の通過体験も行われます。

そのほか、鉄道ファンにとってはうれしい、京成電鉄でヘッドマークを掲示しているAE形と3050形(成田スカイアクセス線開業10周年ヘッドマーク)、3100形(都営浅草線 相互直通運転60周年記念ヘッドマーク)、3000形(ありがとうシャンシャン ヘッドマーク)の4編成を並べて撮影会を行うということです。

この4編成が一度に見れる機会は今回が初ということが発表されています。

そのほか、3歳以上小学生以下のお子様にオリジナルスカイライナーBOX入りお菓子詰め合わせ、特製ノベルティ(成田スカイアクセス線開業10周年記念スカイライナー特別クリアファイル)、京成電鉄オリジナルグッズ販売が行われるということです。(※鉄道部品の販売はありません。)

申し込みはリンクから申し込むことができます。京成上野発京成船橋発

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事