JR西日本は臨時の夜行列車サンライズ出雲91号・92号を追加で運転すると発表しました。新型コロナウイルスの影響で発売を見合わせていましたが、追加で運転を実施するということです。

サンライズ出雲91号・92号は特に急いで行かないため、サンライズを長時間楽しむことが出来るほか、遅いため酔いにくいという利点もあります。このことから人気の列車となっており、特にA寝台個室は毎回すぐに完売してしまうほど。

利用減少による廃止を心配する声もある中での運転継続は嬉しいですよね。

サンライズ出雲91号 時刻表・運転日

【酔わないサンライズ】サンライズ出雲91・92号を追加運転 2021冬の臨時列車 1月2・3日も運転

サンライズ出雲91号は東京駅22時21分発、出雲市13時05分着の列車です。停車駅は東京・横浜・大阪・三ノ宮・姫路・岡山・倉敷・備中高梁・新見・米子・安来・松江・宍道・出雲市です。

運転日は2021年12月30日、2022年1月2日に運転されます。またはこの列車は寝台急行銀河の名残で下り列車にもかかわらず、大阪駅で客扱いをする列車となっています。

サンライズ出雲92号 時刻表・運転日

サンライズ出雲92号は出雲市15時33分発東京駅6時23分着の列車です。停車駅は出雲市・宍道・松江・安来・米子・新見・備中高梁・倉敷・岡山・姫路・三ノ宮・大阪・横浜・東京です。

運転日は2021年12月29日、2022年1月2日に運転されます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事