東北新幹線は地震の影響で多くの架線柱が折損する被害が深刻です。予定通りの復旧が難しいと思われます。

東北新幹線では被害が深刻

Originally tweeted by れいこん (@Series_E3) on 2021年2月14日.

東北新幹線は地震の影響架線柱の折損が多数確認されています。そのため14日終日運転を見合わせから15日まで終日運転を見合わせに運転再開目処が変更されましたが、それでも間に合わなそうです。

救済処置としてJR東日本では1時間に1本程度では東京~那須塩原間で運転されている臨時なすの号に加えて、在来線東北本線でも上野~那須塩原を185系で結ぶ臨時快速列車を設定しました。

首都圏と仙台を直接結ぶ手段としてバスや飛行機で臨時便が運行されています。

JR東日本関連会社のジェイアールバス東北は、仙台市内と首都圏を結ぶ高速バスで臨時便を運行します。午後3時に仙台を出発する便を新たに設け、通常便も台数を増やして輸送力を強化しています。同社によると15日も臨時便を設定する予定としています。

日本航空は、東北と東京や大阪などを結ぶ便で、臨時便の運航や機材の大型化を実施すると発表しました。14日の羽田-青森便の1往復分追加や伊丹-仙台、仙台-新千歳、伊丹-花巻の機材を一部大型化し、1便当たり19席増やします。15日も羽田-青森で臨時便を2往復飛ばすほか、1往復2便で大型化します。羽田-三沢でも1往復分大型化し70席追加します。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事