2月14日、東北新幹線の救済臨として185系が上野~那須塩原を往復します。

東北本線を185系が爆走

東北新幹線は地震の影響で那須塩原~盛岡で終日運転を見合わせ、東京~那須塩原は1時間に1本程度の臨時なすのとして運転しています。

そのため救済処置として、185系C6編成による上野発那須塩原行臨時快速列車が突発的に運転されました。

かつてのなすの号や新幹線リレー号を上回る速達便で、全車自由席のため乗車券のみで乗れます。

那須塩原到着後は上野行として復路も営業運転がされることになったのですが、那須塩原~上野を1時間58分という爆速で結びます。

引退が近い185系ですが2M3Tが東北本線で全力を出すという姿が見られました。

185系臨時快速スジ
2/14
那須塩原1320
宇都宮1354
小山1416
大宮1452
上野1518

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事