2月14日、東北新幹線の救済として運転された臨時列車で鉄道ファンによる危険行為がありました。

災害の中鉄道ファンが暴走

Originally tweeted by ひ が な り (トプナン魔王) (@East_Naria) on 2021年2月14日.

東北新幹線減便によるの救済処置として、上野~那須塩原では185系による臨時快速列車が運転されました。予め予告されたものではなく突発的に設定されたのですが、存在を知った鉄道ファンが押し寄せました。

185系の臨時快速列車ですが、災害により東北新幹線で輸送障害は発生したために設定されたものであり、イベントや鉄道ファン向けの臨時列車ではありません。

ところが鉄道ファンと思われる人が、普段踊り子でやっているような撮影を妨害する「手出し」をしてしまったのです。

この危険行為は列車がホーム上に居るときに行われたのですが、係員が危険と判断し緊急停車してしまう恐れがあります。

救済臨だから娯楽目的で乗ってはいけないということはないのですが、災害の被害にあった人を救うはずなので鉄オタ専用列車と化し運行妨害がされるのはいかがなものなのでしょうか。

明日以降も運転されるとなると、予め知れ渡っているので荒れるかもしれませんね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事