東海道新幹線は東京~博多間で、強風などで遅延が発生しています。

そのため、12月30日18時30分現在、京都~新大阪間で11本の列車が停車しているということです。

【約1時間遅れ】京都~新大阪間に新幹線一時11本

18時30分現在、京都~新大阪間で一時11本の列車が本線上で立ち往生する事態が発生していました。

19時現在解消されていますが、東京方面の列車が100分程度の遅れで運転されていています。

今回の遅延の原因は4つあり、

  • 小田原駅構内の架線に、沿線からの飛来物が付着し、取り除き作業を行った影響。
  • 相生駅~岡山駅間の架線に、沿線からの飛来物が付着し、取り除き作業を行った影響。
  • 山陽新幹線内で強風により、速度を落として運転を行っている影響。
  • 山陽新幹線内で「のぞみ96号」が、車両点検を行った影響。

今後も強風の影響で遅延が拡大する可能性があります。山陽新幹線では運休が発生しているため、山陽新幹線からの直通列車を利用する方はご注意ください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事