7月22日から始まる「Gotoトラベルキャンペーン」。今回は「ビジホと高級ホテルどちらに泊まった方がいいのか」「交通機関を旅行商品で行くか、自前で行くか」どっちがいいのかまとめてみました。効率よく割引を受ける方法もまとめました。

また、クーポン付きで半額補助と広告されていますが、夏休みが終わる9月まではクーポンなしの35%引きにしかならない可能性が出てきましたのでそれについても紹介します。

また、7月22日以前に予約していた人は申請が必要となり、かなりややこしいため注意が必要です。それについては後で説明をします。

当分の間、東京を発着する旅行と東京都に居住している人は対象外です。また、団体旅行についても修学旅行を除いて対象外となる見通しです。

Gotoトラベルキャンペーンとは? 個人で手配すると対象外 旅行会社の経由が必要

Gotoトラベルキャンペーンとは政府が実施する旅行キャンペーンのことです。旅行代金が1人4万円までならクーポンを含めて半額補助で旅行をすることができます。

ただし、個人で切符を買ったり高速道路に乗ったりしても割引にはなりません。あくまで「旅行会社を通じて手配した場合」のみ割引が適用されます。

上限が1人4万円までとなっておりそれを超える分については補助がされないので、逆に「4万円の枠でいかに使うか」ということが重要になってきます。4万円の旅行をしても10万円の旅行をしても補助されるのは2万円、クーポンは9月まで発行されない見込みのため、2020年の夏休みまでは1万4000円割引になります。

政府のGotoトラベルキャンペーンの概要には書いていないが、地域共通クーポンは2020年9月1日以降開始予定 申請しないと割引を受けられない場合があるので注意

政府のGotoトラベルキャンペーンの概要には記載がありませんでしたが、JR東日本の旅行会社「びゅうトラベル」のサイトには「地域共通クーポンは2020年9月1日以降開始予定」と記載がありました。つまり、夏休みが終わるまでは地域共通クーポンの配布はなく、旅行代金の35%割引のみとなります。(やっと7月15日に観光庁の概要にも書かれたようです。)

また、7月22日以前に予約していた人も対象ですが、申請が必要となるので下記の書類を宿泊施設から受け取る必要があります。

7月22日以前に予約した人が補助金を受け取るのに申請が必要な書類は?(現在検討中のため後日発表)

  • 申請書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)
  • 領収書(原本)
  • 宿泊証明書(宿泊時に宿泊施設から入手)
  • 個人情報同意書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)

予約サイトから予約した場合は決済を予約サイトから還付されるため必要はありませんが、現地で決済した場合は必要書類はこの4つが必要となります。

特に申請書のうち領収書の原本・宿泊証明書については決済時にホテルの人に言わないと発行してもらえない可能性があります。その旨を忘れずに伝えましょう。また、領収書・宿泊証明書を紛失した時点で補助は受けられないので注意が必要です。

ホテルを予約する際に備考欄に「領収書と宿泊証明書の発行をお願いします」と付け加えておくと取得忘れで申請できない事態は避けられるでしょう。

「ビジホと高級ホテル」「交通機関を旅行会社にするか自前で用意するか」どっちがいい? 35%割引を効率的に受ける方法

今回の「Gotoトラベルキャンペーン」では「ビジホと高級ホテル」どちらがいいのか?という疑問も持っている人もいるでしょう。「交通費を旅行会社経由にするか、自前で行くか」というところも重要なポイントですので、そちらも合わせて考えてみましょう。

「Gotoトラベルキャンペーン」35%の割引を効率よくに使うにはどうしたらいいでしょうか?

ビジホにするなら交通機関を旅行会社経由にした方が安くなりやすい

このページでのビジホは1人1泊5000円~1万円で泊まれる宿と定義します。この場合は交通機関を旅行会社経由にした方が安くなりやすいです。

例えば宿泊費が10000円、交通費の往復が20000円と仮定してみましょう。通常個人で手配をする場合でも宿泊費1万円は35%割引が適用され、3500円引きの6500円で泊まることができます。

旅行会社経由で交通機関も組み込むと2万円かかる分については35%引きとなり、同じ交通機関を利用したときには差額が7000円出てくることになります。

ただし、全ての場合で安くなるわけではないのと旅行会社によっては別途取扱手数料を取る会社もあるので注意しましょう。(大手ではほぼ取扱手数料は取らないと思いますが、念のため見積書は出してもらった方がいいかもしれません。)

ただし、注意していただきたいのは宿によっては「ホテルの公式サイト」から予約することで「朝食が無料になる」などの特典が受けられない場合があります。

アパホテルなど「ベストレート」というホテルの公式サイトで予約するのが最安値となるようになっている場合もあります。場合によっては「ベストレート」と「旅行会社経由の予約」で差額が出てきて、あまり変わらないか高くなる場合もありますのでご注意ください。

高級ホテルにするなら宿泊費と交通機関はそれぞれ取った方が安くなりやすい

ここでいう「高級ホテル」は1泊2万円~4万円で泊まれる宿と定義します。この場合は宿泊費と交通機関は別々にとった方がいいでしょう。特に旅行会社経由でもメリットもデメリットもない場合が多いと思いますし、あえて言えば旅行会社経由でない方が予定に制約が少なく、自由に行程が決められるところでしょう。

例えば宿泊費1人1泊4万円、往復の交通費が2万円だと仮定しましょう。すると交通機関を旅行会社経由にしても個人で手配したとしても変わらない計算になります。宿泊費が3万円の宿でも食事付きにして満額割引にできるように4万円にすることも可能でしょう。この場合割引金額は1泊1人あたり最大14000円の割引を受けることができます。

実際には旅行会社で手配するの交通機関より、個人で手配したほうが早割など安い切符や航空券を買える場合があり、そちらでも差額が出てくる可能性があります。また、旅行会社経由だと高級ホテルでもベストレートを採用している場合は朝食無料などの特典を利用できない場合もありますのでご注意ください。

いずれにしても、旅行会社経由をして予約をした方がいいのか、個人で手配した方がいいのかは事前に値段を調べてどちらが安いかは決めた方が良さそうですね。

【結論】ビジホと高級ホテル泊まるならどっちがいい?

結論としては高級ホテルの方がいいでしょう。正直ビジホであれば1万円でも5000円でも体験できるサービスは同じだと思います。普段絶対泊まれない高級ホテルにチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか?

ただ、お盆休みなどの繁忙期はかなりお高くなるので、コスパ重視で体験したい場合はできれば閑散期を狙ってみるといいと思います。

1万円のビジホに泊まったとしても割引は3500円だけですし、4万円の宿に泊まって1万4000円の割引がされた方がお得感はありますし、サービスも全く異なります。

これは筆者の考えなので参考程度にしていただきたいのですが、ビジホは泊まるだけの場所で使っている人は多いと思います。しかし、高級ホテルやリゾートホテルでは2泊以上すれば家のようにダラダラしたり、プールに入って泳いだり、ディナー以外の食事が料金に既に入っていて朝食とおやつはホテル内で完結できる場合があります。逆に1泊だとそれらの体験が十分にできないので、最低2泊以上が必須になります。

高級ホテルやリゾートホテルに泊まる場合は個人的には以下の条件を決めて設定しています。

  • 新築かまたは建物が古くてもリニューアルされていて綺麗にされているところ
  • アメニティが充実しているところ(ケチっていると感じないこと)
  • 接客が上手くなかったとしてもスタッフ一人一人が頑張っているところ
  • 値段に見合うだけのサービスを受けていると感じ、また来たいと思える場所

ただ、初めて高級ホテルに泊まろうという方にはいきなりこういうホテルに泊まるのには勇気がいりますし、失敗したくないと思う人もいると思います。1度失敗してしまうと次行くのはちょっと難しいかもしれませんね。

そこである程度口コミを見て調べるか、高級ホテルに泊まったことのある友人などを頼って決めてみるのがいいかなと思っています。口コミで判断するならグーグルマップの評価でも4つ星ホテルか5つ星ホテルあたりを見てみると、ホテルの特性(例:設備は良いが飯はいまいちなど)が分かってくると思います。

中には建物自体が古くリノベーションして名称が変更になっているホテルもあります。全てのホテルではないですが「何かしらの事情で」名称を変えたり、運営者が変わっていて年数が経っていないホテルは参考にはなりません。

是非、Gotoトラベルキャンペーンでのご旅行のお役に立てましたら幸いです。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事