京成電鉄は京成電鉄3500形が「成田スカイアクセス線へ乗り入れする」と発表しました。乗り入れは8/1限定で旅行商品として発売します。リバイバル塗装の3600形は東成田~八千代台間で走行します。豊岡真澄さんがゲストとして参加します。

3500形「成田スカイアクセス線乗り入れ」の概要 京成3600形リバイバル塗装は東成田~八千代台を走行

今回の3500形は京成上野~成田スカイアクセス線経由で成田空港まで運転します。成田空港から東成田駅までは徒歩で3600形リバイバル塗装に乗り換えをして八千代台で解散となります。

今回のツアーの予定は次の通りです。

【2020年8月1日】11:43 京成上野駅出発⇒3500形にご乗車、成田スカイアクセス線経由で成田空港駅へ⇒空港第2ビル駅から徒歩(約10分)にて東成田駅に移動⇒東成田駅で3600形リバイバルカラーにご乗車⇒14:56 八千代台駅到着・解散

  • ツアーの主な企画3600形リバイバルカラーにちなんだ包装紙のお弁当をご提供
  • 「ママ鉄」豊岡真澄さんによる車内検札等のイベント
  • オリジナル参加記念証明書・ノベルティ(スカイライナートートバッグ)プレゼント
  • ユアエルム八千代台店で利用可能な500円クーポン券プレゼント

旅行代金は大人5500円、子供5000円です。

旅行商品の販売は京成トラベルサービスから7月21日からお申し込みが可能で、定員は154人で定員に達し次第終了となります。お申し込みはお早めに。

また、8月1日から3600形のリバイバル塗装の記念乗車券が発売となります。そちらも合わせて関連記事からチェックしてください。

(京成3500形の画像はWikipediaから引用)

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事