JR宇都宮線の快速ラビット・通勤快速・快速の違いは? 停車駅・所要時間

JR宇都宮線を走る快速ラビット・通勤快速・快速(湘南新宿ライン経由)が走っていますが、今回はその違いについて解説していきたいと思います。

快速(湘南新宿ライン経由)

宇都宮線を日中に利用する場合はこの快速を利用するかと思います。普通列車と比較して10分短縮されます。1時間間隔で運転されます。

ただし、宇都宮始発は朝9時半ごろまで快速列車はないので注意しましょう。

小山~大宮間は快速となり、湘南新宿ライン内に入ると「普通」に変わり、各駅に止まります。(さいたま新都心は通過します。)

行先は「逗子」「大船」と書いてあるので上野東京ライン経由の電車と見分けることができます。

停車駅(宇都宮線内)

(新宿方面)⇔赤羽(あかばね)⇔浦和(うらわ)⇔大宮(おおみや)⇔蓮田(はすだ)⇔久喜(くき)⇔古河(こが)⇔小山(おやま)⇔小金井(こがねい)⇔自治医大(じちいだい)⇔石橋(いしばし)⇔雀宮(すずめのみや)⇔宇都宮(うつのみや)⇔(黒磯方面)

赤羽駅では上野東京ライン経由の電車に、宇都宮駅で黒磯方面の電車にお乗り換えです。

また、新宿方面に向かう電車は古河駅で、宇都宮方面に向かう電車は久喜駅で普通電車に乗り換えができます。

行先は「上野」「宇都宮」のみです。

通勤快速(平日夕方・夜に運転)

平日と夕方・夜に運転され、上野駅と宇都宮駅が始発駅となる電車です。

所要時間は普通列車と比較して10分短縮されます。

帰宅ラッシュの時間帯を走るため出発から10~15分前から並び始め、「椅子取りゲーム」のような光景が見られます。

停車駅

上野(うえの)⇔尾久(おく)⇔赤羽(あかばね)⇔浦和(うらわ)⇔大宮(おおみや)⇔久喜(くき)⇔古河(こが)⇔小山(おやま)⇔小金井(こがねい)⇔自治医大(じちいだい)⇔石橋(いしばし)⇔雀宮(すずめのみや)⇔宇都宮(うつのみや)

蓮田駅は通過となります。尾久駅は停車します。

また、新宿方面に向かう電車は古河駅で、宇都宮方面に向かう電車は(一部列車は大宮駅)久喜駅で普通電車に乗り換えができます。

※黒磯発着は2019年3月15日を最後に廃止になります。

快速ラビット(毎日早朝と土休日夕方・夜に運転)

快速ラビットは毎日早朝と土休日夕方と夜に運転をします。(平日の夕方と夜は通勤快速が運転されます。)

早朝に運転される快速ラビットのみ東海道線からの直通電車となります。

停車駅

上野(うえの)⇔赤羽(あかばね)⇔浦和(うらわ)⇔大宮(おおみや)⇔蓮田(はすだ)⇔久喜(くき)⇔古河(こが)⇔小山(おやま)⇔小金井(こがねい)⇔自治医大(じちいだい)⇔石橋(いしばし)⇔雀宮(すずめのみや)⇔宇都宮(うつのみや)

蓮田駅は停車します。尾久駅は通過です。

また、上野方面に向かう電車は古河駅で、宇都宮駅に向かう電車は蓮田・久喜駅で普通列車に乗り換えができます。

※黒磯発着は2019年3月15日を最後に廃止になります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です