2月19日、新潟車両センター所属のE653系U101編成が首都圏に回送しました。

E653系新潟車が首都圏に回送

主に新潟エリアで特急いなほとして使用されている新潟車両センター所属のE653系U101編成ですが、上越線・高崎線経由で東大宮操車場に回送しました。朝の時点では、同所で通電をしていない状態で留置されています。

那須塩原~仙台間は東北新幹線不通が23日終日まで続くため、救済処置として21日~23日に同区間の在来線で臨時快速列車が運転される予定です。使用車両は公表されていませんが、今回の回送はそれに伴う送り込みで、本日中に仙台方面に回送されると思われます。

E653系といえば波動用の勝田車両センター所属のK70編成があります。今回のような運用は波動用編成の方が向いていると思われますが、なぜか新潟車が使用されました。

支社間のやり取りや国鉄色というファン受けする車両を使いたくないのではと様々な憶測が飛び交っていますが、はっきりとした理由は不明です。

E653系の臨時快速列車で、同区間を今回のような停車駅で運転することは今後考えにくく珍しいとは思いますが、あくまで一般向けの救済列車ですので、撮り鉄・乗り鉄には配慮が必要です。なおJR東日本によると混雑した際には、後続の普通列車に案内するとしています。

https://japan-railway.com/jr-touhoku-shinkansen-inaho-rinji/

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事