日本車輛製造は親会社のJR東海から新型特急車両HC85系を64両受注したと発表しました。

HC85系の量産車製造

日本車輛製造によると親会社のJR東海から新型特急車両HC85系を64両受注したとのことです。

JR東海はHC85系の量産車を2022年度から新製すると発表していますが、日車では2023年3月期に58両、2024年3月期に6両を納入する予定としています。

HC85系は、ディーゼルエンジンにより発電した電力と、蓄電池の電力を併用するハイブリッド方式の車両で、量産先行車の4両編成1本は既に登場しており、試運転が進められています。

高山本線の特急ひだと紀勢本線の特急南紀で運用しているキハ85系を置き換える予定です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事