JR東日本高崎支社は2020年10月11日に運転される「鬼滅の刃」コラボのSL「無限列車」の運転に合わせて「撮り鉄対策」の実施をすると発表がありました。

「撮り鉄対策」と明記していないものの、「脚立・自撮り棒・場所取り」はご遠慮くださいと呼びかけており、実質的には「撮り鉄対策」となっています。

「撮り鉄対策」は高崎・横川で実施 混雑状況に応じて柔軟に対応

今回JR東日本高崎支社から発表された「撮り鉄対策」は「撮影のために脚立などの使用と場所取りはご遠慮ください」ということを呼びかけています。

呼びかけのほか「撮り鉄対策」を含めた入場規制を信越線の高崎駅と横川駅で実施します。

実施時間は高崎駅では9:00~10:00までの間、2番線ホームの一部エリアの入場規制を実施します。

横川駅では12:00~14:30までの間、3番線ホームへの入場規制を実施します。

また、入場規制についてはあくまで事前発表の時点の話で、「当日の混雑状況により入場規制を実施する場合がある」との発表もされています。

今回は新型コロナウイルス感染予防で密を避けるために「ソーシャルディスタンス」が求められる可能性もあります。

撮り鉄の方や鬼滅の刃ファンの方は十分ご注意ください。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票よろしくお願いいたします。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事