JR四国は「みどりの券売機プラス」を善通寺駅・詫間駅・今治駅の3駅にJR西日本でも使われている「みどりの券売機プラス」をJR四国としては初めて導入すると発表しました。2020年8月3日より運用を開始します。

【JR四国】「みどりの券売機プラス」導入 オペレーターが切符などを案内

 

JR四国はプレスリリースで次のように説明をしています。

この「みどりの券売機プラス」は、全国のJR線乗車券や指定券の発売に加え、備え付けの受話器やモニター、割引証等を写すカメラ機能を用いることで、これまでみどりの窓口でご対応していたきっぷの発売業務等をオペレーターが代行します。

これにより、有人窓口で取り扱っていた学生割引やジパング割引などの、割引証の係員確認を伴うきっぷの発売や各種トクトクきっぷの発売が、みどりの窓口営業時間外の早朝・夜間帯でもご対応可能となりました。また、券売機操作がわからない場合もオペレーターがサポートしますので、不慣れなお客さまでも安心してご利用いただける券売機です。

また、朝は5時30分(今治駅は5時15分)~夜は23時55分まで券売機が使えるということで、従来のみどりの窓口より営業時間が長くなり、「みどりの券売機プラス」が導入される駅では便利になりそうです。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事