1月25日から、キハ261系4両の甲種輸送が行われています。

キハ261系が釧路に配属

先日川崎重工を出場した釧路運輸車両所所属キハ261系ST-1119編成(キロ261-1119,キハ260-1119)とST-1219編成(キハ261-1219,キハ260-1219)の甲種輸送が、兵庫から釧路間で行われています。兵庫から吹田は岡山機関区所属のDE10-1743が牽引し、吹田から青森信号場では富山機関区所属のEF510-508が牽引しました。

18日に川崎重工を出場したキハ261系5000番台ラベンダー編成は未だに神戸貨物ターミナルに留置されています。今回の甲種輸送が先に北海道方面へ到着する見込みです。

釧路運輸車両所へのキハ261系の配置は今回が初めてで、キハ283系の置き換えが進むことになります。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事