9月14日、小田急の初代ロマンスカーがミュージアム展示のための輸送中に破損しました。

釣り上げた際に台車が落下

https://twitter.com/Masutate_Nix/status/1305450222718316544?s=19

小田急の初代ロマンスカーこと3000形は海老名駅前に開業予定のロマンスカーミュージアムに展示のため、大野総合車両所から海老名検車区に牽引回送されました。

その後海老名検車区からミュージアムまで線路は繋がっていないため陸送をするためにクレーンで釣り上げたところ、台車が破損し落下しました。

現場では台車の切断作業が行われています。詳しい被害状況は明らかになっていませんが展示には大きな影響が出ると思われます。ネット上では早くも作業を担当したアチハ株式会社への責任追及の声が上がっています

経年劣化での破損と思われますが製造元の近畿車輛に図面関係が残っていない可能性が高く、完全な修復は困難とみられます。今後の動向に注目が集まりそうです。

https://japan-railway.com/entry/2020/09/13/135124
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事