2021年4月24日、ラストラン間近の185系が臨時快速あしかが藤まつり号として運転、両毛線でも普段は運転されない快速列車が運転となりました。

【鉄オタ専用列車?】車内は満席に 足利に行かずに大宮で降りる人も

今回185系で運転されるのはあしかが藤まつり1号~4号、5号6号は485系やまどりで運転されます。運転日は2021年4月24日~5月5日までの土休日です。

えきねっとで4月25日出発分について検索をかけてみたところ、驚きの事実が発覚しました。

本来であれば「藤まつり」に行くための列車として運転されていますが、実は鉄オタが多く乗車しており、大宮で降りる人も多いということが分かりました。

実際に空席の検索をしてみると始発駅だと△または×が表示されるのに対して、大宮から検索をかけると○または△になります。特に大船発の3号はその傾向が顕著です。

逆にどうしても185系で足利まで乗りたいという人で空席がない場合には、大宮駅から乗ると座ることができるということです。

また比較的直前キャンセルが出やすい列車でもあるので、どうしても乗りたい人はこまめに空席状況を調べていると乗れるかもしれませんね。

あしかが藤まつり号は185系B5・B6編成で運転

今回のあしかが藤まつり号は上野始発の1号・2号には185系B6編成が、大船発の3号・4号には185系B6編成が使用されていました。

東海道線沿線の方は送り込み回送もあるので、そちらも狙ってみてもいいかもしれませんね。

これで両毛線に185系が走るのは今回が最後になってしまうかもしれませんね。記録として残したい人はこのGWに密を避けつつ撮影したいものですね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事