2021年6月10日、東京メトロ銀座線で普段は運転されることがない珍しい行先「銀座行き」の列車が運転されました。

設備点検で浅草発銀座行きが運転

今回の銀座行きは銀座線虎ノ門駅で発生した設備点検の影響で10日13時10分頃から全線で運転見合わせをした後、13時15分から浅草~銀座間のみ運転を再開したため、浅草発銀座行きが運転されました。

運転は約3時間に渡って運転が行われ、15時40分頃から全線で運転を再開しました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事