JR九州は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、定期券・乗車券などを無手数料で払い戻しすると発表しました。

緊急事態宣言が理由の場合は無手数料で払い戻しへ

払い戻しの対象となる券種は、普通乗車券・特急券・グリーン券・指定席券・割引きっぷです。

定期乗車券・普通回数券についても対象となります。

有効期限・払い戻し対象期間は?

有効期間は2021年1月8日から2021年3月7日までを有効期限に含むものが対象となります。ただしJR九州区間で完結する割引切符については2021年1月14日から2021年3月7日を有効期限に含むものに限ります。

また、フリー切符は使用開始前のものに限ります。

2021年1月14日以降に購入した東海道・山陽新幹線の新幹線回数券については対象外となります。

また、有効期限が切れてしまっているきっぷについても2022年3月7日までに申し出があった場合にも、無手数料で払い戻すということです。

定期券乗車券・回数券についても2021年1月13日までに購入し、2021年1月14日を有効期限に含み、緊急事態宣言の対象となっている、福岡県を発着・通過する区間であることが条件となっています。

払い戻しの申し出があったものとする日は2021年1月13日までに有効開始となる定期乗車券となります。

また、定期券の払い戻しには公的証明書が必要となります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事