JR東日本は東京総合車両センター(通称TK)の公開を行うと発表しました。開催は2019年8月24日以来2年ぶりの開催となりました。

東京総合車両センター公開の開催日時など詳細

今回東京総合車両センター公開は3種類行われます。(車両メンテナンス体験・親子向け工場見学ツアー・事業用車両クモヤ143形撮影会)そのほか、リモートで社会科見学も行われます。

開催場所はJR東日本総合車両センターでJR京浜東北線大井町駅から徒歩10分です。

事実上鉄道ファンは参加禁止となった 2019年のTK公開

2018年に開催された東京総合車両センター公開で鉄道ファンが「罵声大会」を行ったため、2019年開催からは子供向けに変更されていましたが、今回は鉄道ファンも参加できるということです。鉄道ファン向けに東京総合車両センターが公開されるのは実に3年ぶりとなります。

車両メンテナンス体験

開催日時は2021年7月17日㈯、10時~、13時~、15時~の3回実施。所要時間は1時間30分。

各回12名となっており、完全予約制で参加費用は大人一人3500円です。

親子向け工場見学ツアー

開催日時は2021年7月24日㈯、10時~、14時~の2回実施。所要時間は2時間。

内容は解説付きの場内見学(車両修繕場)、社員教育設備を用いた運転台操作体験が行われます。完全予約制で各回10組。参加費用は3500円です。(大人2000円、こども1500円)最大3人まで参加可能です。

事業用電車クモヤ143形撮影会

開催日時は2021年7月31日㈯。9時~、12時~、15時~の3回実施。所要時間は2時間です。内容は撮影会が1時間です。(所要時間が2時間なのに撮影会が1時間なのは気になりますね。)

参加方法は完全予約制。募集人数は各回12名。参加費用は大人5500円です。

リモート見学会

2021年6月27日(日)11時~11時45分まで実施されます。

参加は無料。事前予約が必要です。参加登録にお子様の年齢が必要なため、子供向けのイベントとなっています。

申し込み方法

実際に見学へ行くイベントの予約はTABICAで2021年6月27日(日)~15時からです。また、先着順となり、満席の時点で締め切りです。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事