東海道新幹線 東京駅

東海道新幹線は東京・名古屋・大阪の日本三大都市を結ぶ大動脈です。そのため、ビジネスや旅行での利用客は多く、あれほどの短いスパンで列車を運行しているにもかかわらず、いつも混雑しています。
 そんなドル箱路線なので、東海道新幹線では割引がなされることがあまりありません。ですが、できることなら交通費は1円でも安くしたいですよね。ここでは東海道新幹線に少しでも安く乗車する方法について解説していきます。

東海道新幹線で東京大阪間を移動する場合の通常料金

東海道新幹線と富士山

はじめに、駅できっぷを購入した場合について見ておきましょう。新幹線に乗車するなら、まず駅の窓口か券売機に行き、きっぷを購入するという人が多いと思います。
 駅できっぷを購入する場合、東京・品川―新大阪間「のぞみ」普通車指定席だと14,720円 (内訳:乗車券: 8,910円・特急券: 5,810円) です。なお、「のぞみ」指定席の場合「のぞみ料金」が必要になるため、プラス320円となります。一方の自由席は、乗車する列車に関係なく一律で13,870円 (内訳:乗車券: 8,910円・特急券: 4,960円) です。

エクスプレス予約で東京大阪間の金額が割安に

エクスプレス予約とは

EX予約

東海道新幹線にはインターネットで予約できるエクスプレス予約というサービスがあります。エクスプレス予約はスマホやパソコンから新幹線のきっぷを買うことができる大変便利なサービスです。年会費は1,100円ですが、会員になると特別料金で新幹線に乗車できます。そのため、駅で自由席のきっぷを買うよりも安くなります。
具体的に東京・品川―新大阪間で乗車券と特急券がセットになって13,620円です。エクスプレス予約の会員価格なら、「のぞみ」でも「ひかり」でも同じ値段になります。そのため、年間1回でも首都圏と関西の間を往復するのなら、価値のあるサービスです。

乗車券と特急券を分けて購入して安くなるe特急券

e特急券

そんなエクスプレス予約ですが、新幹線に乗車する前後で他の在来線に乗り継ぐ場合は、乗車券と特急券を分けて購入したほうが安くなるケースがあります。その場合はエクスプレス予約の中でも「e特急券」を予約しましょう。「e特急券」とは、特急券 (指定席) のみの商品です。これには乗車券がついていません。そのため、東京―和歌山の移動の際などには、乗車券を別に用意して運賃を節約しましょう。
なお、「e特急券」ですが、東京・品川―新大阪間の料金は4,910.円です。「のぞみ」普通車指定席の通常の特急券は5,810円なので、900円も安くなっています。なお、通常の自由席のきっぷは4,960円なので、自由席よりも安い衝撃の価格設定なのです。

学生は新幹線も学割適用で安くなる

学割証

中学校・高等学校に通う生徒および、大学 (短期大学や大学院を含む) 、専門学校に通う学生は学校が発行した学割証を窓口で提示することで学割を受けることができます。学割は100km以上の区間の乗車券のみに適用され、2割引 (10円未満は切り捨て) となります。なお、特急券には適用されません。

学生は新幹線も学割適用で安くなる

中学校・高等学校に通う生徒および、大学 (短期大学や大学院を含む) 、専門学校に通う学生は学校が発行した学割証を窓口で提示することで学割を受けることができます。学割は100km以上の区間の乗車券のみに適用され、2割引 (10円未満は切り捨て) となります。なお、特急券には適用されません。

東海道新幹線の学割価格

東京・品川―新大阪間は100kmを超えるため、適用範囲内となります。そのため、東京 (都区内) ―大阪 (市内) の普通乗車券は8.910円なので、2割引 (10円未満は切り捨て) されて、7,120円となります。これに特急券を加えることで新幹線に乗車することができます。
なお、エクスプレス予約の「e特急券」と併用できますので、その場合、東京・品川―新大阪間を12,030円 (内訳:乗車券: 7,120円・特急券: 4,910.円) で移動できます。

JR東海ツアーズの商品「ぷらっとこだま」もおすすめ

 時間はかかってもいいので、とにかく安く新幹線で首都圏と関西間を移動したいという人には、「ぷらっとこだま」がおススメです。「ぷらっとこだま」は、JR東海ツアーズが販売する商品です。JR東海ツアーズは旅行会社なのですが、JR東海の子会社なので、東海道新幹線をはじめとしたJR東海の列車とのセット商品を多数そろえています。多くは宿泊付き、往復利用限定のプランですが、今回紹介するプランは片道利用OK,1名様利用OKの商品です。

「ぷらっとこだま」とは

JR東海ツアーズは新大阪駅や名古屋駅など主に東海道新幹線の駅に店舗が併設されています。「ぷらっとこだま」は、それらの店舗でも予約できますし、インターネットやコールセンターからも予約を取ることができます。なお、店頭予約、インターネット予約の場合は前日まで受付可能ですが、コールセンターでの予約の場合、6日前までとなります。また、座席数限定の商品になります。そのため、列車自体に空席があっても枠が埋まれば予約できない場合もあります。予定が決まれば早めに予約をしましょう

「ぷらっとこだま」の価格

そんな「ぷらっとこだま」ですが、通常日の場合東京・品川―新大阪間の「こだま」普通車指定席の場合10,700円となっています。ですが、年末年始やゴールデンウィーク、お盆など多客時には繁忙期の設定があります。なお、繁忙期は12,300円と1600円高く設定されています。

設定があります。なお、繁忙期は12,300円と1600円高く設定されています。

早めの予約なら「EX早特21」で決まり

EX早特21

エクスプレス予約の会員の人は東京・品川―新大阪間を早くかつ安く移動するならこの方法が最適です。その名も「EX早特21」です。名前の通り21日前までの予約で割引を受けることができます。旅行など前もって予定が決まっている場合には「EX早特21」を使えばかなり節約することができます。
そんな「EX早特21」ですが、出発時刻と列車に制限があります。具体的には乗車駅を朝6時台もしくは昼の11~15時台に発車する「のぞみ」を利用する場合のみ対象となります。7~10時台や16時以降の列車、「ひかり」に乗車する場合は割引の対象外となりますので注意してください。

東海道新幹線の東京大阪移動はグリーン車でも割引に

グリーンプログラムでご褒美を

グリーンプログラム

エクスプレス予約には「グリーンプログラム」という制度があります。「グリーンプログラム」とは、エクスプレス予約で乗車した区間に応じてポイントが自動的に加算され、貯めたポイントを利用することでグリーン車に無料でアップグレードできるというサービスです。
 ポイントは乗車区間ごとに設定されており、例えば、東京・品川―新大阪間利用時は90ポイント獲得できます。そして、貯めたポイントは「のぞみ」の場合1,000ポイントを使用することで普通車指定席の価格でグリーン車にアップグレードできます。

EXグリーン早特とは

「EXグリーン早特」はエクスプレス予約の商品です。3日前の23:30までに予約することで朝6時台に出発する「のぞみ」と終日の「ひかり」のグリーン車をお得な価格で利用できます。なお、「EXグリーン早特」にはe特急券の設定がありません。
「EXグリーン早特」の価格は東京・品川―新大阪間で14,670円です。エクスプレス予約におけるグリーン車指定席の通常料金は18,480円なので、3,810円も安くなります。普通車指定席と比較してもプラス1050円なので手の届く範囲ですね。

EXこだまグリーン早特とは

こちらもエクスプレス予約の商品ですが、「EXこだまグリーン早特」を利用すると、東海道新幹線で最も安くグリーン車に乗車することができます。予約の条件は「EXグリーン早特」と同じで、3日前の23:30までに予約する必要があります。そうすることで、終日の「こだま」においてグリーン車をお得な価格で利用できます。
「EXこだまグリーン早特」の価格は東京・品川―新大阪間で11,410円です。エクスプレス予約の普通車指定席通常料金は13,620円ですので、それよりも安いという衝撃の価格設定です。安いといえども、東京―新大阪間は「のぞみ」で2時間30分弱のところ、「こだま」だと4時間以上もかかってしまうので、理由はそれなりにあります。ですが、とにかくグリーン車に乗ってみたいという人や時間は気にしないという場合にはおススメです。

まとめ

今回はエクスプレス予約、学割、JR東海ツアーズの商品をご紹介しました。ビジネスマンなど日常的に東海道新幹線を利用するなら「エクスプレス予約」、学生なら「学割」、時間がかかってもとにかく安くいきたいという場合には「ぷらっとこだま」というように自分に合った方法でお得に賢く旅をしましょう。
 また、「エクスプレス予約」を使うことでグリーン車にもお得な料金で乗ることができます。たまには贅沢してみてはいかがでしょうか。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事