千葉港ではジャカルタ国鉄への譲渡のため205系が待機をしています。いつ頃積み込み作業をし日本を離れるかを解説します。

205系がもうすぐ日本を離れることに

https://japan-railway.com/entry/2020/10/21/150145
https://japan-railway.com/entry/2020/10/22/084614

先日京葉車両センター所属の編成としては最後となる205系ケヨM20編成が千葉港に輸送されました。最後まで人気が高くトラブルが絶えなかったジャカルタ譲渡ですが、終盤に差し掛かっています。

https://twitter.com/205MU35/status/1320324512135606273?s=19

現在千葉港にはM4,M17,M20編成の計24編成が輸送に向けて待機しています。貨物船なので配給輸送や陸送と違って自由には輸送できず、他の荷物とまとめてとなりますがどの便に積み込まれるか、目星がついています。

ライブ船舶マップより
千葉港港湾情報公開システムより

シンガポール船籍の貨物船が既に千葉中央ふ頭D岸壁に係留(船舶を固定できる恒久的な構造)されています。位置的にも辻褄が合いこの便で輸送されると見て間違いないと思われます。

10月30日に離岸する予定ですが今までの場合、大抵1日早まっているということで、28日の朝から15:00くらいまでに2編成積み込み、29日の朝から残りを積んでその日の夜に出港と推測されています。

予想なので時刻は多少前後する場合がありますのでご了承ください。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事