阪急電車は2021年4月10日土曜日から阪急京都線(大阪梅田~京都河原町間)で土休日ダイヤに運転していた観光特急「京とれいん雅楽」「京とれいん」は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当面の間運休すると発表しました。

運休する列車

運休するのは快速特急「京とれいん雅楽」京都河原町行き4本、大阪梅田行き4本の全列車と、快速特急A京とれいん京都河原町3本、大阪梅田3本の全列車です。

今回政府による「まん延防止等重点措置(通称まん防)」の適用を受けた影響で今回の運休を決めたということです。阪急以外でも近鉄が特急列車を運休させるなど影響が出ています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
阪急
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
かつて阪急神戸線と阪急京都線の直通運転と新大阪乗り入れをするために建設される予定だった「阪急新大阪連絡線」の計画がありました。 それについて...