12月24日、京急電鉄は以前より募集していた新造車両の愛称を発表しました。

新造車両の愛称は一般公募

京急電鉄は6月16日から7月30日の間に、新造車両1000形1890番台の愛称を募集していました。予定よりも決定に時間を要しましたが、最優秀賞と優秀賞を発表しました。

愛称は「Le Ciel(ル・シエル)」に決定!

  • Le Ciel(ル・シエル) 応募者(ペンネーム):風の谷のさてう様
[愛称に込められた想い]

①伝統の海水浴特急「ラ・メール号」をオマージュ

 京急に乗って遊びに行く、わくわくする雰囲気をイメージ

②フランス語で空

 京急といえば三浦半島と羽田空港だが、どちらも空がよく見える。海のイメージもあるが、京急線は高台や高架を走ることが多く、全線を通してみれば空がよく見える区間の方が多い。クロスシート時の快適な眺望を想起させる。車体横の青いロゴ・番号との相性も良い。

③Le Cielの頭文字を取ると"L/C"

 1890番台の特徴である"Long/Cross"を表している。

④日本語で発音すると"ルシエル"

 4文字以内なので、覚えやすく親しみやすい

⑤高級感のある響き

 モーニング・ウィング号や、ウィング号を利用した際の優雅さをアピール

⑥ブルースカイトレインのように、ロゴにカモメのイメージを配するなどすれば、空と同時に海を想起させられる。また、コンセプトの散逸を防げる。

優秀賞も

  • レッドラビット(赤うさぎ) 応募者:横山 洋一様
  • 飛躍            応募者(ペンネーム):はぎ様
  • サンサン号         応募者:川鍋 明久様
  • 幸風            応募者(ペンネーム):ヨネダ様

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事