JR東日本は2021年7月22日に新宿~長野までの片道のみ、お座敷列車485系華を運転することを発表しました。

485系華で長野まで運転されるのは比較的珍しい列車といえます。

時刻表・運転日・まとめ

運転日は2021年7月22日のみ、新宿発長野行きの片道です。使用車両はお座敷列車485系華。

運転時刻は新宿駅を8時30分頃に出発、長野駅には15時20分頃に到着します。

発売はビュートラベルサービス、貸し切り列車。普段は特急あずさが走らない辰野支線を経由して長野へ向かうルートとなっており、乗り鉄の人には嬉しいルートとなっています。

値段は大人4万9800円、大人2名で9万3600円(大人1人、子供1人の場合は8000円引き)となります。

そのほかの行程

長野駅到着後はホテルメトロポリタン長野の洋室に宿泊。(夕食なし)

そのあとナイトビュー姨捨に乗車、姨捨駅から日本三大車窓の夜景を鑑賞。長野駅には21時30分頃の到着です。

翌日7月23日は長野15時20分~18時00分発の北陸新幹線に乗車。大宮駅または東京着となります。

予約方法

まず、公式サイトにアクセスします。

JRで行く国内ツアー|えきねっと びゅう国内ツアー

公式サイトにアクセスしたら下までスクロールして「日本の旅・鉄道の旅」のバーナーを選択。ツアー検索で「お座敷列車」と検索するとツアーが出てきます。

予約は下記の公式サイトからどうぞ。

JRで行く国内ツアー|えきねっと びゅう国内ツアー

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事