1月8日に1都3県で非常事態宣言が発令されました。不要不急の外出を控えるように要請が出ていますが、主な鉄道系YouTuberの今後の活動方針をまとめました。

2回目の非常事態宣言に鉄道系YouTuberの対応は?

周りの意見を積極的に取り入れ臨機応変に対応

鉄道系YouTuberの代表格ともいえるスーツさんは当初「緊急事態宣言中は首都圏以外の地区に拠点を移動する」としていましたが、少し状況を見たいということで撤回し、前回の緊急事態宣言時と同様の活動をするとしました。コンビニ等の利用は控え、なるべく1回にまとめ買いをする等の対策をしつつ、人のいない所で撮影をします。

一番影響力や注目が大きいということでかなり気を配り、発令前からも人混みに配慮をして撮影をしています。また現在は削除されていますが「こうやって表明した以上は緊急事態宣言の発令中に首都圏以外で見つかったときにどうやって言い訳するのかな」という指摘がありました。

それに対しても「首都圏外に移動することがあれば事前に発表することを考えています。」とし、周りからの意見を積極的に聞き、今回の対応について幅広い支持を得ています。

外での撮影は行わず感染リスクを大幅軽減

同じく影響力の高いがみさんは「1月中の外での撮影は全て取りやめる」と発表しました。発令解除後は感染症対策を施した上で外での撮影を再開します。
最後には「寒い日が続きますが、皆さまどうかお体には十分お気をつけてお過ごしください!」という一言もありました。

外での撮影は全くしないという対応で、家での撮影が主になりますがこちらも視聴者からの評価は高いようです。励ましのメッセージや過去動画を見て再会を楽しみにしているといった声が多数ありました。

また投稿にスーツさんも反応をし「僕をネタにできそうな機会あれば、協力しますのでご用命ください!」とコメントしています。活動再開後の動画が楽しみですね。

その他の主なYouTuberで具体的な方針を発表していない人も居ますが、そもそも都心で活動していなかったり、前回は過去動画を上げるなどの対応をしていた人です。

一方で強気の対応を見せる人も

一方で以前から一貫して新型コロナウイルス感染症に強気の態度を示しているのがダイさんです。前回の非常事態宣言の時も、積極的に行われた駅前でのライブ配信やコロナにより発生したネタ列車への乗車などで炎上しました。

今回は若干の活動制限をした前回とは異なり、「外出自粛の要請は午後8時から」ということを理由に1月の予定は全て決行するとしています。午後8時以降の行程がある2月をどうするかに関しては保留です。W7系の運用を聞くなどし撮影には積極的なようです。

非常事態宣言だからといって外出してはいけないということでは全くありませんが、コメント欄には無理をしないように心配をする声が上がっている一方で、前科があることから批判の声もあがっています。過去の言動や大物YouTuberと比べて対応が極端に少ないので、批判があっても仕方の無いのではないでしょうか。

鉄道系YouTuberにも様々な人が居ますが、チャンネル登録者数が多く影響力が大きい人ほど責任を持って行動している印象です。逆にイメージを重要視していなかったり、顔出しをしていない人にはあまり関係のないことに思えます。これに関しては飲食店なども同様ですね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事